HOME>記事一覧>ロケーションとパンの売上のバランスを考える

目次

設備投資が開業資金の大半を占める

パン

ベーカリー開業をする上で、設備投資が必要になります。その設備の費用の大半を占めるのは、パンを焼くための機械や窯などに費用がかかることを予め理解しておく必要があります。パン屋の開業には削れない費用があります。

開業に必要な資金

ブレッド

ベーカリー開業に必要な資金は、どういった形でパン屋を開くかということによって大きく変わってきます。店舗を曲がりする場合には、敷金や礼金が10ヶ月近くかかってしまうことから、それだけでも100万円はかかってきます。

立地条件に気を配る

パンの売上に直結するのは、立地条件です。ベーカリー開業に当たっては、店舗の立地条件にも気を配る必要があります。はじめから売上を期待せず、資金的にも余裕がある場合以外は、売上と経費のバランスを考えて出典が必要です。

拘りすぎない肩の力を抜いたパン屋

最近増えているのは、こだわりすぎない肩の力を抜いたベーカリー開業です。隅々までこだわり抜いたパン屋というのは、特にパン好きが多いと言われる京都似多数あります。その一方で、こだわりすぎるあまり、パンの廃棄が多く、なかなか売上に直結しないという悩みを抱えているパン屋もあるのです。そこで、あまりこだわりすぎず、肩の力を抜きながら気楽にパン屋を開業するスタイルが注目を集めています。

広告募集中